Web特有ライテイングの技術

WEB上でビジネスとして書く文章は、あくまでも読んでもらうためのもの。読み手が苦痛を感じるような文章では、ユーザーはすぐに別のサイトへ飛んで行ってしまいます。ユーザーに文章をしっかり読んでもらい、利用してもらうために文字の大きさ、色、字体に注意しましょう。誰にでも読みやすくするため、はっきりした色合いで大きめの文字にしましょう。老眼や目に疾患がある方もいることを念頭に置いてください。一般的に長文には明朝体のほうが読みやすく、見出しやキャッチコピーにはゴシック体が適しています。

また、文章中で特に強調したい場所がわかりやすいと、そこを拾い読みするだけで、内容を大まかに把握できます。そのため、重要な部分を目立つ色にするか、太字にするなどの工夫をしましょう 。クールでスタイリッシュなデザインを目指すと、文字が小さすぎて薄めの色になりがちです。これは単にデザインを競っているだけで、読んでもらうサイトではありません。段落分けは、紙の媒体よりも多めにします。改行や行空きも、読みやすく、目が疲れにくい配置を優先し、通常よりも多めにします。一 般的には、少なくとも3行に一度は改行、 5行に一度は行を空けるようにしましょう

また、だらだらと長文な文章にならないように、適度に小見出しをつけたり、箇条書きを用いて、メリハリのある構成にしましょう 。段落と同様、一文の文章も短く端的に記述するようにします。一文が長いと、内容を理解するのが難しくなり、ユーザーにとって苦痛です。 適切な長さは文章構成などによっても違いますが、だいたい 160 文字までを目安にするとよいでしょう 。もちろん、それ以上長い文章だからといって不適切なわけではありません。要は理解しやすい文章にするために、一文が長くなりすぎないように気をつけることです。