meta description の書き方

meta description は、検索結果が表示された際、サイトの説明文として表示されます。この表示に検索したキーワードが入っていないと、ユーザーは必要な情報が載っていないのではないかと不審に思います。その反対に、入っている場合は太字で表記されるので目立ちます。ユーザーは安心してクリックすることができるのです。 meta description では 、あなたのサイトがどんなサイトで、どんなメリットがあるのかを、タイトルよりも詳しく説明してください。キーワードは自然な文章で書けるのであれば、 2-3 回入れるほうがよいでしょう meta description にもキーワードを含めましょう。 meta descriptionに書いた文章は、検索結果が表示された際、ホームページの名前の下に表示されます。キーワードは太字で表示されるから、より目立ちます。なお、 meta keywords は、グーグルは参考にしていないといわれていますが、近い将来どうなるかわかりません。そのため、キーワードを lつから5 つ程度入れておきましょう 。本文中におけるキーワードの出現頻度は、あまり重視する必要はありません 。文章を書くときにキーワードを意識しすぎると、必要以上に何度も繰り返す結果となり、文章として不自然になりがちです。最も重視するべきなのは、ユーザー 目線でわかりやすい文章を書くことです 。そのうえで、あまりにキーワードが入っていない場合のみ、自然な形で挿入するようにします。どのような頻度でキーワード を盛り込めばよいかというと、目安として 100 文字に 1-2回、つまり、 1000 文字に 10-20 回程度です。これを出現頻度に換算すると、 2-4%ぐらいになります。ただし、文章がおかしくなるまで無理に挿入してはいけません。あくまでも、できる範囲で行うにとどめてください。