表示速度は売上や検索順位に直結する

Amazonの調査によると、Webページの表示速度というものは、0.1秒遅れるだけでも売上は1%低下するという結果がでているようです。このことからわかることは、表示速度というものは売上を直接的に左右する重要な要因であるということではないでしょうか。SEOの観点からも考慮すると、ユーザビリティをそこねてしまうことになると考えられ、可能な限りの改善が望まれると言えるでしょう。なお 、Googleはページを表示する速度を「検索順位へ影響を与える要素」として発表しているようです。これらはパソコン用サイトでの情報と言えますが、今後、スマホ専用サイトでの表示速度といったものも要因としてあげられるのではないでしょうか。では、スマホ用サイトの速度を上げるためには、どのような改善が必要となるでしょう。表示速度に関わる要素を挙げると、大きく3つが挙げられるでしょう。それは、「フロントエンド」「通信環境」「サーバ」ではないでしょうか。このうち、通信環境というのは、サイト運営側からは対処できないと言えるでしょう。また、サーバーの問題も同様じく、 一般人には難しい分野と言えるでしょう。頑張るポイントとしては、必然的にフロントエンドということになるのではないでしょうか。

「SEOに役立つライティング」サイトトップへ戻る