HTML文書(ソースコード)とは

HTML文書とはタグとタグに囲まれたテキストの集まりであり、WEBサイトを形づくるそのものでもあるのです。ときにはHTMLは、WEBページの「ソースコード」などとも呼ばれ、ブラウザに読み込むためのファイルをHTMLファイルなどと呼びます。HTML文書には、それぞれのタグに明確なルールや意味がもたらされておりますので、ソースコードに慣れないうちは理解不能な文書に見えるかもしれませんが、タグの1つ1つの役割を認識するうちに、ソースコードの示している事柄が自然と読み解けるようになるはずです。新たな言語を習得するような感覚でHTML文書に親しんでみましょう。HTML文書は、WEBサイトを構成する「文章」「画像」「イラスト」「リンク」などの要素をとりまとめてブラウザ上に表示してくれる役割を担っているのです。