ステータスコードが出る原因と対応

ブラウザからのリクエストに対して、サーバーが出すレスポンスをHTTPステータスコードと言います。それぞれ番号が振られているステータスコードですが、実際に表示された場合にはどのような対応をすれば良いのでしょうか。よく表示されるもの、なるべく早い対応が必要なものは「404のエラー」「500番台のサーバーエラーコード」になります。番号だけなら見覚えのある人も多いかもしれません。特に多く表示される404エラーについては、まず「間違ったURLを入力している」「新しいホームページURLに対する、リダイレクト設定がされていない」ということが考えられます。他にも、「リンクが切れていて接続ができない」「ホームページ自体が削除されてしまっている」という場合も考えられるでしょう。この404エラーですが、ホームページ作成者では把握しきれないところでエラーが起きることもあるため(アドレスを間違って入力しているなど)、もしエラーが出てしまっても検索順位に影響はないと言われています。ただしリンクが上手くつなげていないなど、単純に「アクセスしてもらうはずだった人がアクセスできない」というマイナス要因は発生してしまうでしょう。500番台のエラーは、基本的にはサ―バー側で起きている問題です。500エラーが出ることが多く、まずはサーバーの通信障害が出ていないかを確認します。場合によってはアクセスが集中していて一時的にエラーが出ていることもあります(503エラー)。他にもキャッシュクリアや、時間を置いてのリロードなどで解決する場合もありますが、基本的にはサーバー側の復旧を待つという形になります。せっかく作成したホームページですので、エラーの原因を知って、正しく対応していきましょう。

「SEOに役立つライティング」サイトトップへ戻る