— Posted in Uncategorized

SEOの昔と今

SEOとは、「SearchEngine Optimization」という英語の略であり、検索エンジンを最適化するといった意味のものと言えるでしょう。
インターネットなどの検索結果で、上位のランキングに入るための対策のことをこう呼んでいます。
「SEO=悪」といったイメージはイマドキには無く、正当性のある戦略であるといえるでしょう。過去には、SEO業者が検索エンジンの脆弱性をついて「ブラックハット SEO」というような悪質な戦略によって、SEOというのは悪いものであると思っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。たしかに、過去の悪徳SEO業者が起こしたリンクショックというのは衝撃的で、SEOの印象を悪くするには十分な出来事だったと言えるでしょう。現在も以前のようなリンクを使用した悪徳SEO業者が存在することも事実ではあります。しかし、すべての SEOが悪いものではない、ということをまず覚えておいてほしいと思います。
現在のSEOというのは、脆弱性を突く「ずるいやり方」ではなく、ユーザーにとって価値のある情報を公開し、それをインターネットの検索エンジンに正しく評価してもらうといった施策に変わってきていると言えるでしょう。
ありもしない評価を、あたかもあるように見せるといった詐欺まがいのSEOは過去のものと言えるでしょう。今どきのSEOは、良いコンテンツを正しく広めてもらうためというのが本質と言えるでしょう。


Go on, Add your Voice!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です