— Posted in Uncategorized

検索サイトの好き嫌い

検索サイトにも、スキなサイトと嫌いなサイトというものが存在しているようです。どういったサイトが好まれるのか、また、どういったサイトが嫌われやすいのか、わかりやすくまとめてみましたので見ていきましょう。
まずはじめに、検索サイトというのは美しいソースのWebサイトが好きと言われています。これはクローラーと呼ばれるロポットがWebサイト内を巡回する際、スイスイ読んでいけるという理由からです。つまり、 HTML、XHTML、CSSに準拠したコーディングをすると非常に喜ばれます。HTMLの文去を理解し、それぞれのタグを効果的に使って作成したページの方が、検索サイトも重要度を理解しやすくなるので、作り手側の意図をうまく伝えるためにも正しいHTML文法で記述するようにするのが理想でしょう。
反対に、検索サイトに嫌われてしまうサイトというものはどのようなものでしょうか。
それは「スパム行為」と呼ばれるペナルティを科す量刑をみても分かるように、ずるいことに関しては、特に嫌われ、厳しく扱われるでしょう。
閲覧者には見えないようにしておいて、クローラーからは読み込めるというようなスパム行
為や、何度もキーワードを連呼するといったような詰め込み型のスパム行為がそれにあたるでしょう。検索結果の表示順位で上位に掲載されないのは、使う人にとって有益ではないと判断されているのです。Webサイトを修正したりリニュ アルする際には、使う人にとって有益なWebサイトを作るという方針で進めると、良い結果が得られるのではないでしょうか。


Go on, Add your Voice!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です