— Posted in Uncategorized

SEO 対策におけるスパム行為

SEOには「スパム行為」とよばれる反則技が存在します。しかし、実際にどういった行為が「スパム行為」と呼ばれるのか、まずはその行為がどういうものであるか解説していきましょう。
検索サイトというものは、人にとって有益な情報を、検索結果の表示順位で上位に掲載しようとします。そこには、詳しく書かれているか、人気があるか、分かりやすく書かれているか、使いやすいかなどといった様々な要素が影響してきます。具体的には、ページ数が多いことや、ページ数が少ない場合でも、ひとつのテーマがWebサイト全体で高い割合を占めていたり、よく検索されたり、 アクセスが多かったり、アクセシビリティに優れているといった要素があげられます。有益なWebサイトであれば、検索サイトから良い評価をされるはずですが、中にはスパム行為と呼ばれる反則技を利用し、検索結果の表示順位を上位に掲載しようとするWebサイトもあるのが現状でしょう。
検索サイトというのは、ずるいことが大キライなので、スパム行為と判断されるとペナルティを受けることになります。このペナルティを受けないようにするためには、主な検索サイトの基本的な考え方やスパム行為の手口を調べ、学んでおき、あらかじめペナルティを回避すればよいといえるでしょう。


Go on, Add your Voice!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です