— Posted in Uncategorized

反響の大きな記事を書く

SEO上位表示させるために、被リンクを集める方法として王道ともいえるのが、「反響の大きな記事を書く」ということです。反響の大きな記事を書くと他のブログ、ホームページに紹介される機会が多くなり、自然に被リンクが集まります。また、集まる被リンクは相互リンクではなく、 一方リンクのために、 検索エンジンの評価が高くなって 、上位表示しやすくなります。しかも、この効果は一時的なものではなくて、記事が、「教えてgoo」や掲示板等でも紹介されて、長期的にジワジワと被リンクが増加していくことがあります。掲示板は動的なページが多いので、被リンクとしての評価が低い傾向がありますが、人気が出れば出るほど、その「数」が増加するので、被リンクとして効果が出てきます。そういう意味でも、反響のある記事を書くと得します。そこで、反響のある記事を書こう!と思っても一筋縄ではいきません。しかし、長年ブログを運営していると 、物凄く反響のある記事と、まったく反響のない記事があることに気が付きます。そこで、過去の記事や話題になった他のブログの記事を分析してみたところ、反響のある記事には、いくつかの傾向があることに気が付きました。そこで、ここではその傾向について紹介しましょう。もちろん、これから紹介する以外にも反響を呼ぶ記事があると思いますが、参考にはなるかと思います。

まず、一つ目は危機を感じさせる記事です。具体的には、ある会社の無料アクセス解析を使うと、将来、スパムになる可能性がある、とか、あるテクニックを使うと、ある会社の規約違反になって強制退会させられる可能性がある、などの危機感を感じさせる記事は他のブログで取り上げられやすいです。

また、電車の中で、遊びにいくところの老人が、疲れて席に座っている若者の前で聞こえるように、老人に席を譲らない若者に対して苦言をいった話など、社会的で議論を呼びそうな記事も多くリンクされやすいです。他にも、他人を批判する記事や最新ニュースなども効果的です。


Go on, Add your Voice!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です