— Posted in Uncategorized

ヤフーとグーグルどっちが大事?

日本で「検索エンジン」と言えば、「ヤフー」と「グーグル」といった2社の名前を上げる人が圧倒的に多いのではないでしょうか。事実、2社を合わせたシェア率というのは相当なものと言えるでしょう。つまり、日本でのSEOとしては、ヤフーかグーグル、もしくはその両方への対策が必要であると考えて間違いはないのではないでしょうか。この2社の閲覧者数の比較としては、少しだけヤフーが優位と言われているようですが、その差というのはかなり僅差であると言われているようです。傾向を見ると、グークルが追い上げている状態と言えるようですが、検索エンジンというものを商業的に利用したいといった場合、シェア率だけでは測れないといったものがあるようです。それは、各エンジンの利用者の属性に関係していると言え、言い換えるとすれば、その検索が「購買」に結び付くものであるかどうかといったことが重要になってくると言えるでしょう。グーグルは仕事で利用しているといった人が多いのに対し、ヤフーは一般の利用者が多いという特徴があり、消費者向けの商品に関する反応や、購買する確率というのは、圧倒的にヤフーの方が高いと言えるでしょう。しかし、これは取り扱う商品によっても異なるため、一概に言い切ることもできないと覚えておいてください。2社のシェアが僅差になってきたことと同様、利用する側の属性というのも今後、類似してくるといった可能性もあるでしょう。SEOでは、1つの検索エンジンだけを標的にすると、それが叶わなかった場合のリスクというものは大きなダメージとなってしまいます。視野を広く持ちながらも、バランスをみて再配していける能力が重要なカギと言えるかもしれません。


Go on, Add your Voice!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です