画像の文字はポイントを絞る

イメージアップのため、あるいは目立たせるために、文字を画像にするのは効果があります。 トップページのキャッチコピーなどでは、特にお勧めします。大きさや色で目立たせるのはもちろん、通常の書体とは違った書体で表現することは、アピールするうえでも、ユーザーの理解を助けるうえでも重要なことです。ただし、あまり華美になってはむしろ信頼を落とし、嫌われることもあるので節度が必要。印象の強い文字を長々と続けるのは避けましょう。画像を使用する文字は、基本的にタイトル(小題含む)や最も重要なキャッチコピー程度に使うべきです。なぜなら、検索エンジンは画像に書いてある文字を読み込むことができないからです 代替テキストとして、画像に書いてある文字をそのままaltタグに入れるべきですが、検索エンジンはそれをあまり参考にしていない可能性があります。

つまり、サイト内の文字は、なるべく画像ではなくテキストにしたほうが、検索エンジンは内容を正しく認識できるということです。画像の文字はaltタグにテキストを入力します。