低品質なコンテンツの場合

Googleが低品質なコンテンツと判断した場合も、 ぺナルティの対象となります。

ほかのぺージと似通った内容のページが大量に存在する、ツールで自動生成したテキストが大量に載っているなど、低品質なコンテンツが多数存在するときに発生するぺナルティです。ほかのサイトからのコピーや、酷似したテキストが多い場合にも対象となります。 Google は、価値のない質の低いコンテンツを含むぺージとして、

自動生成されたコンテンツ

内容の薄いアフィリエイトページ

他のソースからのコンテンツ、誘導ページ

低品質コンテンツがあると判定されたら対処方法は不自然なリンクと同様、低品質コンテンツがあると判定された場合も Search Console に通知が届きます。ありがちな低品質コンテンツの例としては、地名を入れ替えただけで、ほかの要素がほとんど同じページなどが挙げられます。パンダアップデート以前はそうしたぺージでも評価されたため、意昧のあるSEO施策でしたが、現在ではマイナス評価です。 このように、昔に作ったぺージのせいで低品質コンテンツの評価を受けるケースがしばしばあります。低品質コンテンツと判断されてしまっ た場合の対応は、

削除する

noindex を設定する

リライトするなどしてコンテンツの価値を高める

似た内容のページを統合する

低品質コンテンツに抵触する場合は、ページ数が膨大なことが多いので、現実的には削除かnoindexで対応することになるでしょう。 どこが低品質の判定を受けているのか判断がつかない場合には、検索流入数が少ないページを洗い出してみてください。 ひと通りの対応が完了したら、不自然なリンクのぺナルティのときと同様に、なるべく詳しい記載をして再審査リクエストを送ってください。

titleを、全ページに対して重複がないようにつける

大見出しを意味するタグ。各ページの内容を具体的に表すものを、全ページに対して重複がないようにつける。 ページの内容に合ったテキストを記述することで、検索エンジンに各ページの内容を正確に伝えられる。 titleと同じ内容でも問題ない。

コンテンツの内容がどんな内容か具体的に示すものにする。 適切な装飾を加えてユーザーの可読性も高めます。

パンくずリストを正しく設置することでGoogle にサイト構造を認識されやすくなる。 アンカーテキストは、 TOP HOME などではなくターゲットキーワードを含める。

パンくずリストを設置します。

Google はリンクアンカーテキス卜をリンク先のページの内容を分析する際のヒントにするため、リンクはなるべくテキストリンクで設置する。

一覧ページはサイト内での重複や、競合サイトとの重復を起こしやすい。 テキスト枠を設置し、そこに独自のテキストを入れることでユニークなコンテンツの割合を増やします。

内容が重複するページは可能な限り作らずURL を一本化する。 すでに重複するぺージが存在する場合は、 1つのページを残して削除。 削除したページから残すページへ 301 リダイレク卜をかける。