ライテイングについて

コンテンツマーケティング、コンテンツSEOが大事なのはわかっても、本業が多忙すぎて記事を書く時間が割けない、スタッフに文章を書ける人間がいないといった問題で実施ができないという悩みをよく耳にします。文章を書くには時間もエネルギーもかかるだけでなく、まったく訓練していない人には難しいことなので、よくわかる悩みです。

そのようなときには、クラウドソーシングを活用して外注を検討してみましょう 。記事のテーマや分量にもよりますが、本体サイトに掲載できる品質の記事で1文字 1~ 3円程度で発注可能です。企画立案ごと依頼することもできますが、方向性がブレてしまうことが多いのでおすすめしません。記事の外注先を探すのにおすすめのマッチングサービスを紹介します。 日本最大級のクラウドソーシングサイト。専業のフリーランスの登録が多く、大量発注に向いている。ライタだけでなく、 Webデザイナーやプ口グラマも多いクラウドワークス。ランサーズと並ぶ日本最大級のサイ卜。登録している ユーザーの属性も看板通り主婦の登録者が多い。大量発注にはやや向かないが、スキルが高いにもかかわらずフルタイムで働 けないような人へ発注できると、高品質・低コストになるランサーズなどのサイトで募集をかける場合、基本的に一般公募になるため、希望している人材が来てくれるかは保証されません。希望する知識や経験を持ったライターを見つけるためには、能動的なアクションも必要です。たいていのサイトでは登録者のプロフィール情報から検索できるので、それを使って探しましょう。専業のフリーライターは単価が高騰しがちなので予算が少ない場合は広報経験者やブログ運営者など、ライテイング経験が多そうな人を探してみてください。よさそうな人が見つかったら、メッセージ機能を使って声かけします。声かけをするときは、コピペでまったく同じ文章を送るのではなく、その人のプ口フィールに触れてあなただからお願いしているという感じを出すと反応してもらいやすくなります。

単価や納期、依頼したい案件の詳細な情報も、その時点で伝えられるとなおよいでしょう。

要件は可能な限り詳細に伝え、参考情報も添えるといいでしょう。低単価で記事を量産する SEO業者などは、ライターへ検索キーワードだけ伝えて執筆してもらうケースが多いようですが、これではとても高品質な記事の納品は望めません。 記事を外注する際には、なるべく下記のような具体的な要件を伝えるようにしましょう。