ユーザーに役立つ話題

ユーザーにとって魅力的なサイトとは、ユーザーの役に立つ情報が載っているサイトです。どんな情報なら役に立つのかといえば、たとえば、基

本的な知識やうんちく、歴史、そして最近の傾向などが考えられます。これらはWeb で検索すればたいてい出てきます。それらを参考にして、自

分なりにまとめ直して掲載 しましょう Web を探しても出てこなければ、 書籍を参考にして文章をつくり、提供するのもよいで しょう

Yahoo !知恵袋などのQ&A サイトを利用する方法もあります。Q&A サイトで関連するキーワードを検索して、どういった質問があるかを調べ、それに関する文章を作成します。 さらには、Yahoo! ニュースなどを利用して、関連するニユースや新しい話題を提供する方法もあります。 自分の体験談などを加えれば、決してネタが尽きることはありません。

役に立つ コンテンツが蓄積されていけば、 ユーザーが頼りにするサイトになり、 SEO 上も成功します。サイトのデザインはとても重要です。一目で信頼感やユーザビリティ(使いやすさ)が判断されてしまうからです。古めかしいデザインは、どんな業種であっても印象がよくありません。最低限、見劣りしないデザインにして、メニューがわかりやすいように工夫しましょう 。ただし、あまり派手なデザインにすると、目移りが激しくなるなどして、欲しい情報がどこにあるのかわかりにくくなります。またフラッシュはスマートフォンや携帯電話では表示されませんので、気をつけてください。古いタイプのサイトは、横幅が900px 前後と比較的狭いものが多いです。最近ではモニターが大きくワイドになってきているので、それに合わせてサイトの横幅も広く取っているのが普通です。 ちなみに、ヤフーは950p xですし、フェイスブックはサイドのフィードを合わせるともっと広いため、ユーザーはこれぐらいの幅になれています。最低でも、ヤフー並みの幅を取りましょう 。リキッドデザインといって、ブラウザの幅に応じて、サイト幅が変わるデザインも検討する価値はあります。