ユーザーに嫌われる サイトの共通項

ユーザーは情報を求めている人であり、欲しい情報をなるべく早く入手したい人たちなのです。そうしたユーザーに嫌われるサイトの特徴は以下の通りです。

ユーザーに嫌われる サイト

読みにくい

信頼性に乏しい

サイトの目的がわからない

一方的で、独りよがりな文章

誹誘中傷、悪口が多い

誹誘中傷や悪口は論外ですが、その他の項目は、いままで述べてきたことの裏返しです。重要なのは、常にユーザーの立場に立ち、読みやすくわかりやすいサイトにすることです。

ウェブの普及とともにウェブに対してどう向き合うべきかということが、大変重要な時代になりました。中でもどのように表現するかといったウェブライティングの要素は最も重要といえます。ビジネスにおけるウェブライティングから、個人として投稿するSNSやブログにいたるまでジャンルを問いません。マナーを守り信頼性の高い魅力的な文章をかくことができれば、様々な形で素晴らしい結果となります。