ペナルティ通知と解除方法

Googleからぺナルティを科せられたときは、 Google Search consoleにメッ セージが届きます。件名に、「貴サイトへのリンクがGoogle の品質に関するガイドラインに違反しています。品質に関するガイドラインに違反した手法が使用されている可能性があることが判明しましたなどと 書かれています。

SEOぺナルティを解除するには、人為的なリンクや怪しまれてしまいそうなリンクを極力削除するか、 nofollow 属性を追加します。削除できないリンクについては、 SearchConsole の「リンク否認ツール」で無視して欲しいリンクを申請し、再審査リクエス卜を送ってください。

現在適用されているペナルティは、 SearchConsole の左メニューに ある「検索トラフィック」から「手動による対策へ進む」と確認できます。

SEOペナルティになるケースは、購入したリンク ・ビジネスリステイング(有料ディレクトリ登録) ・過度な相互リンク(相互リンク自動生成サイトからのリンクなど) 自動生成したテキストで構成された低品質なサイトからのリンク、.海外からのリンク(海外向けのサイトでない場合) –共通サイドバーや共通フッターなどの共通部分から張られた大量のリンク ・無料ブログからの大量のリンクです。悪意のないリンクに注意が必要です。 購入したリンクはもちろん削除すべきですが、悪意がなくともやってしまうケースもあるので注意してください。よくあるケースとしては、 社長ブログやスタッフブログを無料ブログで開設していて、その共通部分から大量のリンクが張られているケースがあります。グループ企業の コーポレートサイトでも同じような現象が起こりやすいです。

不自然なリンクをチェックするには、まずSearch Consoleからすべての外部リンクをダウンロードします。左メニューにある検索トラフイツクからサイトへのリンク を開き、リンク数の最も多いリンクをクリックします。

これによって、 Google に認識されている外部リンクの一覧が取得できます(厳密にはすべてではない場合があるようです)。この一覧を見ながら、ペナルティの原因となっていそうなリンク元をチェックしてください。