コンテンツ文章の質

まず質というのは簡単にいうと、ユーザーにとって役立つ情報か魅力的な文章であることです。具体的にどういう文章なら質が高いといえるのか、次の項目で説明します。

量は、一言でいうと多いほうがよいということになります。いくら質が高い文章でも、情報量が乏しくてはユーザーにも検索エンジンにも認めてもらえません。文章の「独自性」も大事です。「独自性」は、特にSEO上重要です。グーグルは、ネット上にたくさん存在する文章の評価を下げています。ですので、他サイトからのコピペ文章が多かったり、同一サイト内に同じ文章が何度も存在したりする場合、 SEO上、よい結果は得られません。

著作権に問題があるコピペ記事は論外ですが、仮に著作権に問題がないとしても、 SEO 上はマイナスになりますので気をつけてください。

トップページの文章量も、しっかりと意識する必要があります。 トップページがただの入口であってはなりません。以前、非常に多く用いられ、いまでも時々見受けられるのが、イメージ画像とメニューだけで構成されているトップページです。しかし、こうしたつくりだと、ユーザーは有益な情報を得るために、もう lクリックしなければなりません。

本文が少ない場合、いくら下層ページが充実していても、上位表示されにくいのです。

ただし、いうまでもありませんが、 量を追うがあまり、質が低くなってしまってはいけません。質を維持しながら、量も1000 文字以上を目指しましょう。